• Rioja

    シエラカンタブラのふもと
    土壌、気候、ぶどう。これら3つの要素はそれぞれ、リオハワインの個性と名声において重要な役割を果たします。
閉じる

Rioja
シエラカンタブラのふもと
土壌、気候、ぶどう。これら3つの要素はそれぞれ、リオハワインの個性と名声において重要な役割を果たします。現在、Bodegas Benjamin de Rothschild&Vega Siciliaは92ヘクタールのブドウ園所有しています。すべてはエブロ川の北のカンタブリア山脈のふもとに位置し、サンビセンテ・デ・ラ・ソンシエラ、ラバスティダ、アバロス、エルヴィラールの各自治体に分散しています。粘土質の石灰質の貧しい土壌の高い段丘にある小さな区画です。主な品種はテンプラニーリョという名のブドウで、マカンとマカンクラシコを作るのに使用される唯一のブドウです。気候は穏やかな大西洋気候で、地中海と大陸の流れの影響を受けています。
閉じる
Sales Folder